日立ソフト、「Adobe LiveCycle」のセキュリティや使い勝手を向上する新製品

ニューズフロント 2006年03月27日 14時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは3月27日、アドビシステムズのPDF関連製品「Adobe LiveCycle Policy Server(APS)」および「Adobe LiveCycle PDF Generator(PDFG)」の機能を強化する新製品として、「活文BizCabinet for Adobe LiveCycle Policy Server」「活文PDFstaff[PDFG対応版]」「活文PDFstaff Migration Kit for Adobe Acrobat Distiller Server」を発表した。いずれも4月3日に提供を開始する。

 Adobe LiveCycleは、アドビの共通文書処理サーバプラットフォームに対応した製品群。そのうちAPSは、PDF文書に対して閲覧時の認証、印刷可否制御、強制失効、閲覧期限、透かし文字、履歴トレースなどの制御機能を付加し、セキュリティ強化を図る。PDFGは、サーバ側で動的にPostScriptファイルからPDF文書を生成するサーバソフトである。

 日立ソフトの発表した3製品は、こうしたAdobe LiveCycleの機能を補完する。それぞれの概要は以下のとおり。

  • 活文BizCabinet for Adobe LiveCycle Policy Server
    APS上で稼働し、セキュリティの自動/強制設定、PDFの自動破棄機能を利用した生成から破棄までの文書ライフサイクル管理、PDFとのセキュリティ統合管理といった機能を付加する。サーバ1CPU当たりの税込み価格は294万円(100ユーザーライセンス)
  • 活文PDFstaff[PDFG対応版]
    PDFGと連携し、ユーザーにPostScriptファイルを意識させず、Microsoft Office、一太郎、各種画像、HTMLおよびテキストファイルなどから直接PDFに変換する機能を提供する。「活文PDFstaff [Adobe Document Server版]」の機能を限定した廉価版に該当する製品。サーバ1CPU当たりの税込み価格は144万3750円
  • 活文PDFstaff Migration Kit for Adobe Acrobat Distiller Server
    サーバ側でAdobe PDFを動的生成する「Adobe Acrobat Distiller Server」と互換性のあるAPIを提供する。同APIを利用すると、PDFG対応システムやパッケージの開発が可能となる。サーバ1CPU当たりの税込み価格は140万1750円

 日立ソフトでは、発売後1年間の販売目標額を8億円と見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!