ダッソー、「Virtools」ソリューションに3D XML技術を採用

CNET Japan Staff 2006年04月03日 22時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dassault Systemesは3月15日、同社のビジョンである「3D for All」(あらゆるユーザーに3Dを)を具現する最上位ソリューション「Virtools Dev 3.5」プラットフォームに3D XMLフォーマットを採用すると発表した。

 3D For Allを提唱するDassault Systemesは、リアルタイムの対話型環境で仮想的な製品を使ってエンドユーザーの使い心地を再現する総合ソリューションの提供を目指している。最上位のVirtoolsソリューションを3D XML技術に対応させることは、その第1歩という位置づけだ。

 今回の3D XML採用でDassault Systemesは、Virtoolsを製品使用のシミュレーションや人間工学的視点からの検証、魅力的なショッピング空間づくり、トレーニングへの利用だけでなく、ブランド力強化、広告、Webマーケティングなどの用途でも使えるソリューションとして提供したいという。

 たとえば、街を走るクルマからの眺めを映像で表現することが容易にでき、ユーザーには、ブラウザを通してオンラインで体験してもらえるようになる。大規模なバーチャルリアリティ環境の構築にも対応する。

 3D XMLは、XMLをベースに開発された汎用フォーマット。高精度な3Dコンテンツをリアルタイムに共有できる。Dassault Systemesでは、すでにCATIA、DELMIA、ENOVIA、SMARTEAM、SolidWorksの全製品ラインに3D XMLフォーマットを採用している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!