編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

Lockheed Martin Aeronautics、F-35統合攻撃戦闘機開発にIBMとダッソーのPLMソリューションを採用

CNET Japan Staff

2005-12-28 04:13

 米IBMとダッソー・システムズは12月20日、Lockheed Martin Aeronauticsが、米国および英国の第5世代高性能軍用機となるF-35統合攻撃戦闘機(JSF:Joint Strike Fighter)向けに、両社のPLMソリューションを導入したことを発表した。

 F-35 JSFは、米国、英国および両国の同盟国向けの第5世代マルチロール超音速ステルス航空機。AV-8Bハリアー、A-10、F-16、F/A-18ホーネット、および英国のハリアーGR7とシーハリアーに代わる次世代航空機として設計されている。

 Lockheed Martinは、このプロジェクトのプライムコントラクターに選ばれ、「CATIA V4」からV5への移行を可能な限り迅速に進めることを決定。製品開発にはCATIA V5を利用し、製造シミュレーションにもダッソー・システムズ製の「DELMIA」を活用する。これにより、同社の担当チームは、長期的なコストの削減と効率化を目指す。

 Lockheed Martinでは、2006年2月のCATIA V5の稼働を確実とすべく、主要関係者と共同で、導入スケジュール、トレーニングとITについての計画、関連するコスト、リスクとその緩和対策などを盛り込んだ移行計画を作成した。社内だけでなく、サプライヤーやパートナーともコラボレーティブに作業を進めていく計画だ。

 IBMとダッソー・システムズは、製品関連の機能に関する教育およびトレーニングを含めた導入サービスを提供し、このパーチャルな開発環境をサポートする。なお、同PLMソリューションは、IBM IntelliStation M-Proワークステーション上で実行される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]