ヴイエムウェア、仮想マシン用ディスクフォーマットのオープン規格を発表

CNET Japan Staff 2006年04月05日 05時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは4月3日、仮想マシン環境の定義とフォーマット設定に使用される仮想マシン用ディスクフォーマットの規格を無償公開すると発表した。同社は、市場で広く採用されているほかのオープンな仮想マシン用ディスクフォーマットもサポートすることで、この分野でのオープン規格を統合したい考えだ。

 仮想マシンでは、サーバとデスクトップ環境全体がひとつのファイルにまとめられる。仮想マシンのディスクフォーマット規格には、仮想マシン環境とその保存方法が定められており、仮想マシン環境のインフラは、仮想マシン用ディスクフォーマットに強く依存する。このため、オープンかつ無制限の仮想マシン用ディスクフォーマットがあることは、仮想化環境での新ソリューション開発などで重要な役割を果たす。

 ヴイエムウェアの仮想マシン用ディスクフォーマット規格のもとで付加価値製品を開発しているソフトウェア会社には、Akimbi Systems、Altiris、BMC Software、PlateSpin、rPath、シマンテック、トレンドマイクロなどがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?