ヴイエムウェア、「VMware GSX Server」を無料提供へ--来週にも発表か

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年02月03日 16時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET News.comが入手した情報によると、EMC傘下のVMwareは来週にも同社の主要製品の1つを無料で配布し始めることを発表する予定だという。

 VMwareは「VMware Workstation」「VMware GSX Server」「VMware ESX Server」の3つの主要製品を販売している。同社の計画に詳しい情報筋によると、VMwareは米国時間2月6日には、GSXの無料配布を発表する予定だという。VMwareの製品は、1つのコンピュータ上で複数のオペレーティングシステム(OS)を稼働させるためのもの。以前は、同社が市場を独占していたが、この市場にも競争相手が出現しつつある。

 GSXでは、WindowsやLinuxの「ホスト」OSが作る仮想マシン上で「ゲスト」OSを稼働させることができる。上位モデルのESXは、ホストOSを必要とせず、サーバ上のOSのすぐ下のレイヤーで直接動作する。

 VMwareにとって、今回の動きには2つのメリットがある。まず1つ目は、仮想マシンをGSXからESXへと移植することが可能なため、GSXのユーザーにESXへのアップグレードを促すことができる点だ。2つ目のメリットは、ソフトウェアを無料で配布することにより、VMwareの技術がより広く使われるようになり、新しく登場する競争相手を抑えて同社の優位性を固められることである。

 GSXは現在、デュアルプロセッササーバ向けが1400ドル、それよりも高性能なマシン向けが2800ドルで販売されている。ESXは高価だが、より高度な機能を備えていることも確かだ。稼働中のOSを1つのサーバから別のサーバに移すことができるVMotionもその1つだ。

 この件について、VMwareではコメントを控えている。

 VMwareは、コンピュータをより柔軟に運用し、多くのタスクを効率的に処理できるようにする仮想化技術の世界で、堅固な地位を築いてきた。同社のソフトウェアは、異なったOSを仮想マシン上で実行できるようにするもの。それぞれのOSはまったく別のコンピュータのように見えるが、実際は1つのハードウェアを共有している。

 最近は、VMwareにも新しい競争相手が出現している。競合製品のほとんどはまだまだ未熟だが、すでに無料で配布されている。

 VMwareのライバルとして最もよく耳にするのはオープンソースのXenプロジェクトだ。Xenは、商用LinuxディストリビューションのRed Hat Enterprise LinuxとNovell SUSE LINUX Enterprise Serverにも同梱される予定だ。さらに、Microsoftも同様のソフトウェアを開発中で、これを次期サーバ用OS「Longhorn Server」に組み込む予定だ。これらのほかにも仮想化分野の技術としては、Virtual IronやSWsoftのVirtuozzoなどが挙げられる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化