IBM、ブレードPCシステムを発表--ヴイエムウェアとシトリックスの技術を採用

Stephen Shankland(CNET News.com)

2005-10-20 20:13

 2004年に自社のPC事業をLenovoに売却したIBMだが、同社は米国時間19日にPC市場に対する関心を失っていないことを示す製品を発表した。

 ただし、この製品は単純なPCではない。IBMのブレードサーバ「BladeCenter」をベースにしたこの製品は、1台のコンピュータ上で複数のOSを稼働できるVMwareの「ESX Server」ソフトウェアと、サーバ上で動作するプログラムを利用するためのCitrix Systemsのソフトウェアが組み合わされている。

 IBMは、「IBM Virtualized Hosted Client Infrastructure」というこの製品が、コスト削減と管理の容易化を求める企業にとって非常に魅力的なアプローチになると考えている。

 IBMのBladeCenterには、最大で14台のデュアルプロセッサ搭載サーバを高さ12.25インチのシャーシに収めることができる。また、IBMのDoug Balog(BladeCenter製品担当バイスプレジデント)によれば、12〜15台の独立したPC環境を各々のブレード上で同時に動作させることが可能だという。

 「単一のBladeCenterシャーシ内で200を超えるクライアントPC環境を動作させることが可能になる」(Balog)

 PC環境を事務所内やデスク上からデータセンターに移し、管理者が容易にソフトウェアのアップデートを行えるようにする試みは、これまでにも存在した。ClearCubeは2002年にすでにブレードベースのPCホスティング事業をスタートさせており、IBMと販売契約さえ結んでいた(この契約は現在Lenovoへと移管されている)。Hewlett-Packard(HP)もまた、「Consolidated Client Infrastructure」というブレードデスクトップ製品を扱っている。

 だが、VMwareを利用すれば、多くのPC環境を個々のサーバに詰め込むことが可能になる。「デスクトップPCを廃止し、代わりにデータセンターを利用する有力な製品も存在するが、それらもいまだに一対一の関係でしかなく、コスト面の効果があるとは思えない」(Balog)

 Balogによると、同新製品は現在ベータテストの段階であり、2006年第1四半期に製品版が登場する見込みだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向 けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]