ホワイトペーパー

AIと生成AIを組み合わせ組織全体の生産性向上を目指す、ITサービスを最新化する考え方とアプローチ

ServiceNow Japan合同会社 2024-07-08

多くの企業はこれまで、さまざまなシーンでAIと自動化の取り組みを推進してきた。それにより、業務の効率化や省力化、プロセスの標準化、人間では難しい予兆の検知など一定の成果を挙げてきた。そこに登場したのが生成AIだ。生成AIは従来のAIとは異なる価値を提供する。従来のAIは、既存のさまざまな課題の削減に役立つが、生成AIはこれまでにない新しいものを生み出すことに役立つ。そのため、ITサービスエージェント、ITオペレーター、一般従業員は、それぞれの立場から、AIと生成AIを幅広い業務シーンで活用していくことが可能だ。例えば、一般従業員は、24時間365日の稼働するAIエージェントを使って、パスワードリセットやITサービスの調達といった日々の業務課題を解決することができる。本資料では、AIと生成AIを企業戦略に組み込み、すべての社員がAIと生成AIを活用してビジネス成果を挙げていくための考え方とアプローチを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]