ヴイエムウェア、「VMware Workstation 5.5」のベータ版を公開

Stephen Shankland (CNET News.com)

2005-09-14 22:28

 VMwareは米国時間12日、次期「VMware Workstation」のベータ版を公開した。同ソフトウェアでは、64ビットのゲストオペレーティングシステム(OS)を稼働させることができるほか、デュアルプロセッサ構成のマシン上にバーチャルマシンを作成することも可能になっている。

 1台のPC上で複数のオペレーティングシステムを同時に稼働できる「VMware Workstation 5.5」は、2005年末までにリリースされる予定だ。VMwareでは、同ソフトウェア上で実行されるOSの1つ1つをバーチャルマシンと呼ぶ。VMware Workstationを利用することにより、プログラマは、作成したプログラムのテストをしたり、複数のサーバOSとの相互運用性を検証したりできる。

 現行バージョンのVMware Workstation上に構成されたバーチャルマシンは、プロセッサ1基分のリソースしか利用できなかった。しかし、バージョン5.5のベータ版では実験的に各OSをデュアルプロセッサ上で稼働できるようにしたと、EMC傘下のVMWareは述べる。この機能はこれまでハイエンド向け製品の「VMware ESX Server」でしか提供されてこなかった。

 VMware Workstationでは、LinuxかWindowsのホストOS上に、さまざまな種類のゲストOSを走らせることができる。現行バージョンでも、ホストOSとして64ビットOSを稼働させることはできたが、バージョン5.5ではさらにゲストOSとしてWindowsやLinux、Solarisの64ビット版サポートも追加されている。

 さらに、バージョン5.5ではFreeBSD 5.3のほかに、Ubuntu Linux 5.04を実験的にサポートしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]