テイルバックがVMware使う共有型レンタルサーバのディスクアクセス性能を強化

日川佳三(編集部) 2005年09月07日 17時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レンタルサーバ事業者のテイルバックは10月3日、VMwareを用いた共有型サーバ・レンタル・サービス「GrowServer」のディスクアクセス性能を向上させる。価格はメモリ128Mバイト、ディスク5Gバイトの最小構成時に月額3万円から。初年度売上目標は1億5000万円。

サービス内容を説明する代表取締役社長の山田敏博氏

 GrowServerは2004年6月のサービス開始以降、米VMwareが開発したサーバ統合化ソフト「VMware ESX Server」を用いた仮想マシンをレンタル提供してきた。仮想マシンを使うことで運用管理コストの低減によるサービスの低価格化が見込める上に、可搬性(ポータビリティ)によるハードウェア性能の拡張性を確保できるのが特徴だ。

 サーバ機には、費用あたりの性能が最も高い4CPU構成のPCサーバ機を用いてサービス提供価格を抑えている。実際に使っているのは、デュアルコアのXeon MP(3.66GHz動作)を4個搭載したSMP機である。

 今回新たに、ディスク性能を向上させた。具体的には、米DataCore Softwareが開発したディスク共有化ソフト「SANmelody」を、サーバとストレージの間に設置した。SANmelodyは、物理ディスクを複数の論理的な仮想ディスクとして複数サーバに割り当てるミドルウェアである。メモリを用いたディスクキャッシュを用いてアクセス速度を向上させることが可能である。GrowServerでは32Gバイトのメモリをキャッシュ用途に使う。

 物理ストレージも拡張した。RAID-1(ミラーリング)のセットをRAID-0(ストライピング)構成にしたディスク群を、さらにRAID-1でミラーセットとする。この時点で実データ量の4倍のディスクが必要となるが、さらにこのミラーセットをアクティブ/スタンバイ構成で2重化する。

 9月7日に実施した発表会では、VMware ESX Server環境下で稼動中のサーバ環境を別の物理サーバに移動させるデモを実演して見せた。物理サーバから物理サーバへの移動の最中、仮想サーバのIPアドレスに対するpingコマンドのレスポンスを表示し続けて、処理を止めずにハードウェアの切り替えが可能である点を説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算