ルフトハンザ航空、アイログの最適化製品を採用して乗務員勤務割当の業務を高度化

CNET Japan Staff 2006年04月21日 22時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ILOGは3月11日、ルフトハンザドイツ航空(ルフトハンザ)が同社の最適化ソフトウェア「ILOG CPLEX」を活用し、乗務員自動勤務割当システムを導入したことを発表した。この新しい勤務計画自動作成システムを導入する以前、ルフトハンザでは、3500機分の運行乗務員と1万4500人の客室乗務員の勤務計画を手作業で作成していた。

 ルフトハンザは、ILOG CPLEXを利用してスケジュール編成プロセスを簡素化し、乗務員勤務計画の作成プロセスを自動化した。新システムではコスト、安定性、乗務員個々の要望、業界や行政上の規制、社内規則といった各要因が勘案できる仕組みになっている。

 計画担当者は手作業から解放されるだけでなく、シミュレーションを行うことで乗務員勤務割当作業の改善を行うことが可能という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?