フリースケール、ColdFireオーディオプロセッサを発表

CNET Japan Staff 2006年05月18日 21時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは5月18日、マイクロソフトのPlaysForSure 2.0およびPlaysFromDevice仕様に対応したオーディオマイクロプロセッサ「ColdFire MCF5251」を発表した。

 MCF5251は、衛星ラジオ、CD/ハードディスクドライブ圧縮オーディオプレーヤー、USB Thumbドライブプレーヤー、ジュークボックス、MP3ドッキングステーションなど、ポータブルおよび車載インフォテイメントオーディオアプリケーション用のオーディオプロセッサ。オーディオ再生と、MPEG4 QCIFビデオ再生に対応する。

 またMCF5251は、マイクロソフトのPlaysForSure 2.0およびPlaysFromDevice仕様をサポートしており、セキュリティとポータビリティ技術の両方を実装している。これにより、たとえば、MP3プレーヤーとカーオーディオシステムをUSBで接続して連携させることができる。

 なお、同製品は自動車業界の圧縮オーディオ製品に義務づけられているAECQ100認定も受けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから