ノベル、ID管理のためのBanditを公式発表へ

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年06月13日 17時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellは米国時間6月12日、2006年に入り静かに進められてきたオープンソースのID管理プロジェクト「Bandit」を公式発表する予定である。

 以前にもCNET News.comが報じたとおり、Banditプロジェクトは、企業であれ消費者であれ、IDデータをオンライン取引に利用するサービスのため、オープンソースコンポーネント一式を作成することを目的としている。同プロジェクトを公開することでNovellは、同社のネットワークサインオン、ポリシーベースの管理、その他のディレクトリ関連サービスの初期コードを作成するため、オープンソース開発者を集める意向だという。

 BanditではIDの規格化にむけた他の取り組みを活用する予定であると、Novellの著名エンジニアであるDale Olds氏は取材のなかで述べた。これにはLiberty Allianceのプロトコルやスペック、そしてNovellとIBMが後押しするオープンソースプロジェクトHigginsが含まれる。Higginsは、オンライン取引の利用者がもっと自分のデータをコントロールできるようにすることを意図している。

 「IDはインターネットに欠けているパズルの一片である」とOlds氏は言う。「われわれは皆、ID情報に関して独自に作業をするのではなく、各一片を組み合わせ、協力しようとしている」(Olds氏)

 NovellはBanditを活性化するためにエンジニアリング資源とコードについて貢献してきた。Olds氏によると、Novellの貢献には、同社の「GroupWise」「eDirectory」「iFolder」製品の基礎を成すデータベースコンテンツの設計図またはソースコードに加え、「Novell Linux Desktop」と「SUSE LINUX 10」で使用されたクレデンシャルマネージャが含まれているという。

 NovellはID管理の分野では、ネットワークアクセスを認証するディレクトリ製品とサーバソフトウェアで定評ある商品ラインを有する。同社によると、Banditプロジェクトの目標は、例えば安全なロールベースのアクセスや規制遵守報告など、企業のID管理に関する典型的な悩みに対して一貫したアプローチを提供することであるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?