ISIDとジャストシステム、SSM理論ベースの設計支援システム「Alize」販売で協業

ニューズフロント 2006年06月29日 21時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通国際情報サービス(ISID)とジャストシステムは6月29日、設計品質向上製品の販売およびサポートで協業すると発表した。これにより、ISIDはジャストシステムの不具合未然防止設計支援システム「Alize」の製造業向け提案活動を展開するとともに、設計知識の構築コンサルティングおよびサポート体制を強化する。

 Alizeは、設計知識データベースを活用して、予測解析による不具合未然防止の仕組みを提供するソフト。設計部門や品質管理部門に蓄積されている不具合報告書や設計ノウハウ集などから、SSM理論にもとづいて不具合発生のメカニズムを分析、整理した知識データベースを構築できる。

 両社では、「設計段階において、不具合発生の可能性に関する知見にもとづいた早期対策を促し、品質の高い製品の作りこみを可能とする」としている。Alizeの税込み価格は1000万円からとなる。

 両社は、共同セミナー開催やイベントの相互出展などのマーケティング活動も実施する。さらに、ISIDの各種システム製品とAlizeとの連携を目指していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR