データディレクト、XQuery最新仕様に対応した「DataDirect XQuery 2.0」を発表

CNET Japan Staff 2006年07月05日 18時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DataDirect Technologiesは6月27日、XML形式やリレーショナル形式をはじめ、EDIやCSVなどのレガシーデータ形式を処理および集約するための組み込み可能なデータベース非依存コンポーネントの最新版「DataDirect XQuery バージョン2.0」の提供を開始したことを発表した。

 DataDirect XQueryバージョン2.0は、XQuery仕様の最新のワーキングドラフトをサポートしたXQueryエンジン。大規模システムにおけるXMLドキュメントに対応するためのパフォーマンス強化や、あらゆる環境で最適なクエリパフォーマンスを得るための追加機能、レガシーデータ形式のサポートなどが含まれている。

 最新版に追加されたストリーミングXMLアダプタは、大規模なXMLドキュメントを処理するときに必要なメモリの量を削減し、ビジネスクリティカルなアプリケーションに求められる拡張性を実現。また、EDI、CSV、バイナリなどのファイル形式がサポートされたことにより、サービス指向のデータ統合のための機能も拡張されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから