IBM、「Lotus Notes on Linux 7.0.1」を発表へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年07月10日 16時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間7月10日、デスクトップコラボレーションアプリケーション「Lotus Notes」のLinux版を発表する計画だ。

 Linux向けとなる「Lotus Notes on Linux 7.0.1」は、オープンソースフレームワークのEclipseをベースとしたもので、7月24日に一般提供を開始する予定だ。同技術は、2007年に出荷を予定している次期版のLotus Notes(開発コード名「Hannover」)でも利用される。

 「当初、Lotus Notes on Linuxは、Hannoverと同じ時期に発表する予定だったが、早めに提供することにした。ドイツ、インド、中国、ブラジルを中心に、顧客からのニーズが非常に高いからだ」とワールドワイドでLotus Notesの営業を統括するIBMのEd Brill氏は述べた。

 Linux向けにチューニングされたLotus Notesは、MicrosoftのWindowsやApple ComputerのMac OSなどのプロプライエタリなOSを使わないと決めた企業を支援するよう設計されている。IBMによると、Hannoverがリリースされると、完全な生産性ツールとして機能する計画だという。

 Brillによると、Windows、Macintoshを利用するLotus Notesユーザーは、Linux版へ無償で乗り換えできる。新規にライセンスを購入する場合は、WindowsやMacintoshと同じ価格になるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!