誕生100周年を迎えたNTT Comの企業向けネットワーク「専用線」サービス

CNET Japan Staff 2006年07月21日 13時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は7月20日、高品質/高信頼の企業向けネットワークである「専用線」が、1906年7月20日のサービス提供開始から100周年を迎えたことを発表した。

 日本で初めて敷設された専用線は、東京−横浜の拠点間を直接結ぶ市外電話ホットラインとして当時の逓信大臣より認可されたことでスタートした。100年を経た現在でも、企業ビジネス活動においての重要な役割を担い続けている。

 NTT Comでは、100年前の専用線の流れを受け継いだサービスの中でも、特にイーサネットタイプの新世代専用線「ギガストリーム」により、企業顧客が容易に利用できるメニューの多様化、低廉な料金、提供エリアの拡大を推進している。

 同社では、専用線100周年を記念して、専用線の変遷を紹介するウェブサイトも公開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR