CTCとシマンテック、「Symantec Enterprise Security Manager」提供で協業

ニューズフロント 2006年07月26日 16時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)とシマンテックは7月26日、協業関係を強化し、セキュリティ製品分野でも協力すると発表した。第1弾の活動として、シマンテックのセキュリティポリシー管理ソフト「Symantec Enterprise Security Manager」を利用するシステムやサービスの推進プロジェクトチームを発足させた。

 CTCとシマンテックは、これまでストレージ/データ管理分野で協業してきた。セキュリティ分野においても協業関係を構築することで、両社は「より包括的かつシームレスなソリューションの提供が可能となる」としている。

 Symantec Enterprise Security Managerは、ネットワーク接続されたPCなどを検査し、セキュリティポリシー違反や修正パッチ未適用の有無を検出するソフト。全世界で約3000社への導入実績があるという。

 協業を通じ、両社は、同ソフトに対応したコンサルティング、システム構築、保守サポートなどのサービスを提供していく。さらに、営業活動やセミナー開催なども共同実施する。CTCでは、2008年度までに100社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから