SpikeSource、認定済みのオープンソース製品ラインを拡大

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年08月11日 22時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SpikeSourceは米国時間8月10日、認定済みのオープンソース製品ラインを拡大し、「Centric CRM」アプリケーションおよび電子メールサーバ「Open-Xchange」を追加したことを明らかにした。

 SpikeSourceは、オープンソース製品を組み合わせた「スタック」の動作検証と、継続的なアップデートやサポートサービスを提供している。同社はこれまで、営業およびマーケティング戦略を転換し、付加価値再販業者(VAR)を使った中小企業への製品販売に移行してきた。最高経営責任者(CEO)のKim Polese氏によると、同社は2006年第1四半期、新たに12社のVAR、つまり「ソリューションプロバイダー」と契約し、契約会社数は合計50社に近いという。同氏は、「VARや販売代理店は、オープンソースを非常に気に入っている。調整やカスタマイズを細かく設定でき、差別化が可能になり、マージンの増加につながるからだ」と語っている。同氏によると、SpikeSourceでは、ウェブコンテンツ管理、顧客関係管理(CRM)、メッセージング分野において、オープンソース製品に対する需要が高いと見込んでいるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR