IBM、任天堂の新しいゲーム機「Wii」向けのマイクロチップの出荷を開始

CNET Japan Staff 2006年09月08日 18時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは9月8日、任天堂の新しいゲーム機「Wii(ウィー)」に搭載されるマイクロプロセッサの出荷を、ニューヨーク州イーストフィッシュキルにあるIBMの最先端半導体工場から開始したことを発表した。

 2006年上半期に、IBMと任天堂はWii向けのマイクロチップ製造のための複数年の契約を締結。「ブロードウェイ」というコードネームで呼ばれていたプロセッサは、今までのゲーム機では実現できなかった体験をユーザーに提供できるという。

 この合意内容に基づきIBMは、すでに2社間で合意済みのカスタムデザイン仕様に基づき、90ナノメートルプロセスのIBM SOI(シリコン・オン・インシュレータ)技術を使用した「Power Architecture」ベースのプロセッサを生産している。

 IBMでは、SOI技術により十分な処理能力を実現しながら約20%の電力消費量を削減できるとしている。

 IBMと任天堂は1999年5月にも、ニンテンドーゲームキューブ用の「ゲッコー(Gekko)」と呼ばれるプロセッサの設計、製造に関する技術契約を締結している。このプロセッサは、バーモント州バーリントンのIBMの製造工場で生産されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!