日本ユニシス、災害対策システムを提供開始--調査から導入までのワンストップで

CNET Japan Staff 2006年09月29日 18時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは9月28日、米Unisys製災害対策システム「GlobalRecovery 30m」などを組み合わせたディザスターリカバリ(DR)ソリューションの提供を同日から開始すると発表した。

 今回発表されたDRソリューションは、情報システムが被災した際の復旧時間と影響度を調査・評価する「DRアセスメント」、対策方針の決定を受け、実際に使用するシステム基盤を設計する「DRデザイン」、設計に基づいて実際に利用できるようにするためのソフトウェアの実装、スペックの設定およびテストを実施する「DRインプリメンテーション」の3つのサービスから構成される。

 BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)策定において、あらかじめ用意されたテンプレートを使用し、短期間で想定被害の算出と、実装可能な災害対策システムを可視化できることが特徴だ。特定のベンダーや個別の技術の影響は受けない。

 サービス基本料金は、設置機器などを除いて平均1000万円程度となる見込み。3年間で500件の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?