国内ITアウトソーシング市場、2010年に2兆円突破--IDC Japan調べ

CNET Japan Staff 2006年10月25日 19時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは10月24日、国内ITアウトソーシング市場規模予測を発表した。

 同調査によると、2005年の国内ITアウトソーシング市場規模は前年比6.7%増の1兆7635億円。2005年〜2010年にかけての予測では、2007年以降緩やかに前年比成長率を下げながら推移し、年間平均成長率(CAGR)5.8%で成長、2010年には2兆3382億円に達する見込みだ。

 IDC Japanによれば、ITアウトソーシングにおけるサービス単価の下落は継続しており、サービスベンダー間の技術格差が減少し、サービスのコモディティ化が見られるという。これに加え、IT製品・ソリューションの発展、BPO/SaaSなどアウトソーシングの多様化などにより、情報システムの導入・運用におけるユーザー企業が複数のアウトソーシングやインソースを組み合わせて活用するマルチソーシング化が進むと予測している。

 また、マルチソーシング化を進める企業には、ベンダーや製品・サービスの評価、関連市場の把握、業務との連携などIT統制をはじめとした高い能力が求められるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!