IBM、仮想マシン管理ソフトを発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年11月06日 13時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間11月2日、複数種類の仮想マシンを制御する管理ソフトウェアを発表した。仮想化技術を用いると、1台のコンピュータで複数のOSを実行でき、効率化につながる。IBMが今回発表したVirtualization Managerは、管理者が各仮想マシンへの演算リソース割り当てなどの作業を行うためのソフトウェア。IBMのSystem pとSystem isサーバだけでなく、VMwareやXen、Microsoftの仮想化ソフトを実行しているx86サーバの制御も可能。

 Virtualization ManagerはTivoli Systems Directorパッケージの一部で、ドイツの工学研究グループForschungszentrum Karlsruheで採用されている。同グループではXenやVMwareを利用しているものも含め2000台のサーバを管理している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!