日本オラクル、パートナー14社と協業--先鋭技術を集結した「Oracle GRID Center」を開設

CNET Japan Staff 2006年11月08日 00時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは11月7日、グリッド戦略パートナー14社と協業体制を確立し、企業のシステム基盤の最適化を実現する次世代のビジネスソリューションを構築するための技術を集結した「Oracle GRID Center(オラクル・グリッド・センター)」の開設を発表した。

 Oracle GRID Centerでは、オラクルのグリッド技術とグリッド戦略パートナー各社のソリューションを組み合わせた最先端のグリッド環境を共同で検証。事前に検証された最適構成での運用、構築手法のベストプラクティスを実現する。これにより、日本発の次世代ビジネスソリューションとして、日本国内だけではなくグローバルに展開する。

 Oracle GRID Centerではまた、Oracle Corporationの開発部門による技術支援により、先進的な技術検証を実施。検証した成果や最適構成を日本および海外市場に展開するために、グリッド戦略パートナー各社と共同でマーケティングおよび販促活動を実施する。

 今回、グリッド戦略パートナーに参画する企業は次のとおり。

  • アシスト
  • EMCジャパン
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • インテル
  • サン・マイクロシステムズ
  • シスコシステムズ
  • 新日鉄ソリューションズ
  • デル
  • 日本アイ・ビー・エム
  • NEC
  • 日本ネットワーク・アプライアンス
  • 日本ヒューレット・パッカード
  • 日立製作所
  • 富士通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR