編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

日本SGI、スケーラブルビジュアルクラスタ「Silicon Graphics Asterism」を発表

CNET Japan Staff

2006-10-04 22:38

 日本SGIは10月4日、最新のグラフィックスプロセッサ(GPU)を搭載したスケーラブルビジュアルクラスタ「Silicon Graphics Asterism(アステリズム)」の販売を開始した。これにより同社は、ビジュアライゼーション(可視化)分野におけるインテグレーションビジネスを強力に展開する。

Silicon Graphics Asterism 最新のグラフィックスプロセッサ(GPU)を搭載したスケーラブルビジュアルクラスタ「Silicon Graphics Asterism」。

 Silicon Graphics Asterismは、CPUにAMDのマルチコアプロセッサを搭載。GPUには最新のNVIDIA Ultra High Performance Graphicsシリーズを採用。NVIDIA最新のQuadro Plex にもいち早く対応。オペレーティングシステムは、MicrosoftのMicrosoft Windows XP Professional、またはLinuxが選択可能。シングルノードからマルチチャネルのグラフィックスクラスタ構成まで拡張可能で、幅広いユーザをサポートする。

 参考価格は、最小構成で約90万円より。出荷の開始は、2006年11月を予定している。

 日本SGIでは、Silicon Graphics Asterismをベースにビジュアライゼーション技術を最大限に生かし、顧客に最適な可視化環境を構築。ビジュアライゼーションにおける総合的なコンサルティングや、常駐サポートを含む運用支援サービスなどトータルビジュアライゼーションソリューションを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]