編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アドビ、日本SGIに「Macromedia BreezeのTelephony API」を開示

CNET Japan Staff

2005-12-15 05:20

 日本SGIは12月14日、アドビシステムズと双方向Webコミュニケーションプラットフォーム「Macromedia Breeze(マクロメディア・ブリーズ)」に関する戦略的提携を締結したと発表した。

 日本SGIはBreezeのTelephony API(Application ProgrammingInterface)の開示を受け、IP電話サービス向けのSIP(Session Initiation Protocol)サーバ接続ゲートウェイを開発。Breezeを基盤としたエンタープライズ分野向け新ソリューションを開発し、その販売を開始する。

 今回の提携で日本SGIは、2006年春をめどにSIPサーバ接続ゲートウェイを開発し、IP電話においてWebコミュニケーションサービスを利用できる仕組みとして販売する計画だ。これに続いて、Telephony APIを利用したソリューションを順次投入する。

 今後、日本SGIは開発するSIPサーバ接続ゲートウェイを国内のパートナー各社に対して、OEM(相手先ブランドによる販売)も含めて提供したい考え。両社は、これまでもFlash Playerの最新版であるFlash Player 8に日本SGIが独占販売権を持つOn2 VP6コーデックを対応させるなどで協業の実績がある。

 今回の提携は、日本SGIが11月に発表したコンテンツ・ライフサイクル・マネジメント・ソリューション体系である「SiliconLIVE!」の一環でもあり、日本SGIはコンテンツビジネスの拡大を目指している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]