編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ニイウス、データシナプス製の仮想化・グリッドソフトを販売開始

CNET Japan Staff

2006-09-16 21:03

 ニイウスは9月14日、米DataSynapseと提携し、日本国内第1号となる販売代理店契約を締結したことを発表した。

 DataSynapseのソリューションは、利用可能なコンピュータ・リソースを増加させ、リソースを必要としているところへの再割当てを可能にする。

 この提携でニイウスは、DataSynapseの仮想化・グリッドソフトウェア「DataSynapse GridServer」および「DataSynapse FabricServer」の販売を開始。ニイウスのグリッド/オートノミック・コンピューティングセンターに蓄積されたアプリケーション仮想化技術とDataSynapseのソリューションを組み合わせて提供する。

 両製品は、アプリケーションの仮想化および共有された異種間のシステムリソースのプロビジョニングを可能にする。DataSynapse GridServerは、計算集約型およびデータ集約型アプリケーションを仮想化する製品で、一方のDataSynapse FabricServerは、IBM WebSphere、BEA Weblogic、JBossなどのアプリケーション・サーバで稼動するトランザクション処理を仮想化する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]