CTC、DWHアプライアンスサーバ「Netezza Performance Server」を販売

CNET Japan Staff 2007年01月16日 19時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、米Netezzaのデータウェアハウス(DWH)アプライアンスサーバ「Netezza Performance Server(NPS)」シリーズの販売を1月12日から開始した。

 NPSシリーズは、DWH構築に必要なサーバ、ソフトウェア、データベース、ストレージなどの機能をすべて含むアプライアンスとして提供される製品。独自開発のデータ検索処理装置「スニペット・プロセッシング・ユニット(SPU)」により、HDDとCPU間を高速に接続できるという。SPUは、最大で896個を搭載することが可能だ。

 製品ラインアップは、搭載可能SPUが28個、ユーザーデータが最大3テラバイトの「NPS5200」から搭載可能SPUが896個、ユーザデータが最大100テラバイトの「NPS10800」まで7種類。

 2007年度に15億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?