東芝、SoC設計で英ARMのIP製品「PrimeCell」を採用

ニューズフロント 2007年01月23日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は、同社のシステムオンチップ(SoC)設計用に英ARMのLSIモジュールIP製品「PrimeCell」を採用する。ARMの国内法人であるアームが1月23日に明らかにしたもの。

 同IP製品について、東芝は「ARMはプロセッサ本体のみならずSoC製品に不可欠な周辺IPをPrimeCellという形で供給しており、これらは製品を迅速に開発、マーケットに投入するという意味で非常に魅力的な存在」と述べる。

 東芝は、PrimeCellを利用するための包括契約をARMと結び、製品やサービスの提供を受ける。契約締結の理由についてアームは、「ARMの該当分野の高い専門性と品質、総合的なサポート力を東芝が高く評価した」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR