富士通SSL、ISO27001対応のリスク分析・対策立案ツール「RACONTIS/PC」を発表

CNET Japan Staff 2007年01月23日 21時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は1月17日、ISO27001認証取得に対応したリスク分析・対策立案ツール「RACONTIS(ラコンティス)」の性能・操作性を改善し、「RACONTIS/PC(ラコンティス・ピーシー)」として1月24日より販売を開始すると発表した。

 RACONTIS/PCは、ISO27001認証取得対応のスタンドアロン版「RACONTIS」を全面リニューアルした製品。今回のリニューアルで画面を全面的に見直し、操作性を改善した。データベースには「Cache'(キャシェ)」を採用。データベースのパワーでリスク分析の処理速度を向上させた。

 価格は75万円。今後2年間で400本の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!