ボーランド、Java IDEの最新版「JBuilder 2007」--Eclipseをベースに

ニューズフロント 2007年02月14日 19時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーランドは2月14日、Java統合開発環境(IDE)の最新版「JBuilder 2007日本語版」の販売を開始した。2月28日に出荷を始める予定。税込み価格は、Enterprise版が31万5000円、Professional版が10万2900円、Developer版が5万400円となる。

 最新版は、新たに採用したオープンソースのソフト開発プラットフォームEclipseをベースに、各種プラグイン、ツール、フレームワークセットを統合して提供するJavaアプリケーションIDE。部品の組み合わせでアプリケーションを構築するRapid Application Development(RAD)機能も搭載している。

 UML 2.0準拠のモデリングツール「Together」を採用し、ボーランドでは「EJB 3.0対応のビジュアルEJBデザイナー、Webサービスデザイナーなど、SOAテクノロジーを実装するための強力な開発支援機能を搭載した」としている。

 さらに、Java最適化ツール「Optimizeit 2007」など、「ソフト品質に対処するための機能も多数搭載しており、Javaアプリケーションの品質向上に貢献する」(ボーランド)という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?