編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

離れていてもアジャイル開発が行える「Borland JBuilder 2006」、ボーランドが出荷

ニューズフロント

2005-11-09 14:53

 ボーランドは11月9日、Java統合開発環境(IDE)の最新版「Borland JBuilder 2006日本語版」を出荷開始した。コラボレーション機能やライフサイクルサポート機能により、「大規模な分散開発チームでもアジャイル開発が実施できる」(同社)。

 最新版のピアツーピアコラボレーション機能を使うと、開発者が離れた場所にいても、コード編集、ビジュアル設計、デバッグ作業を共同でリアルタイムに進められる。要求管理、ソースコード管理、単体テストのための統合的なアプリケーションライフサイクルサポート機能も備えている。構成管理/変更管理ソフト「Borland StarTeam」と連携させると、プロジェクト自体をチームで共有し、効率的に開発を行えるようになる。

 「開発者およびチームが、アウトソーシングやオフショア開発、遠隔地または分散環境のチームメンバーとより効果的に共同作業できるよう支援する」(同社)

 同社は、アプリケーションパフォーマンス管理ツールキットの新版「Optimizeit Enterprise Suite 2006日本語版」の出荷も同日開始した。同ツールキットを使うと、J2EEアプリケーションの開発中に発生するパフォーマンスの問題個所を明確化し、解決につなげられる。

 各製品の1指名ユーザーライセンス価格(税込み)は以下のとおり。

  • JBuilder 2006 Enterprise日本語版:31万5000円
  • JBuilder 2006 Developer日本語版:5万400円
  • Optimizeit Enterprise Suite 2006日本語版:33万6000円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]