富士通がBPOセンターを新設

藤本京子(編集部) 2007年03月01日 17時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は3月1日、東京都大田区の富士通ソリューションスクエア内に、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスを提供する中核施設として、「BPOセンター」を開設した。新センターは、BPOサービスの実績が豊富な富士通エフ・アイ・ピーが中心となり、全国に19カ所あるBPOセンターを管理すると共に、顧客のフロントセンターとして機能する。

センター管理室 BPOセンター管理室

 富士通 サービスビジネス本部 主席部長の清水裕子氏は、IDC Japanのデータを元に、「国内のアウトソーシング市場の中で、富士通はシェアが24%でトップとなっている」と述べている。同社では今後も継続してアウトソーシングビジネスを2ケタ成長させたい考えで、「2008年度の売り上げ目標は6000億円」(清水氏)としている。

清水氏 富士通 サービスビジネス本部 主席部長の清水裕子氏

 富士通のBOPサービスは、ITソリューションを前提とした業務運用サービスで、「富士通グループの持つIT技術や製品、施設、これまでのベストプラクティスを最大限に活用している」と清水氏。また、「コールセンターやデータ入力、プリンティングなどのベーシックなサービスをモジュール化して組み込むことで、効率的なBOPソリューションを提供している」と、清水氏は説明する。同氏によると、2006年12月末時点で富士通はのべ1043社にBPOサービスを提供したという。

 新センターは1700平方メートルの規模で、顧客ごとの専用区画や業務コントロール室などを設置している。規模は順次拡張する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから