エクセルソフト、ソースコードなしでローカライズできるツール

WebBCN (BCN) 2007年03月26日 11時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクセルソフト(渡辺光敏社長)は、アプリケーションのEXE/DLL/OCXな どの多種多様なファイルを、ソースコードなしで日本語、英語など多言語化で きる統合ローカリゼーションソフト「Alchemy CATALYST 7.0」を3月末に発売 する。

 アプリケーションのEXE/DLL/OCXファイルを直接日本語化できるため、ア プリケーションのソースコードが不要。また新たに、アプリケーションレイア ウトの自動調整機能、オンラインヘルプファイルの直接処理機能などを追加し、 総合的なローカライズ環境を提供する。

 このほか、リソースファイルアップデートの自動化、.NET2.0バイナリ、オ ンラインヘルプファイル、HTML/XMLファイルのネイティブサポート、TRADOSの完全な統合サポートでローカリゼーションプロジェクトを支援することが可 能。

 価格は、「Alchemy CATALYST 7.0 Translator/Pro Edition」が8万4000円。 「Alchemy CATALYST 7.0 Localizer Edition」が67万2000円。「Alchemy CATALYST 7.0 Developer/Pro Edition」が109万2000円。製品パッケージの出荷は4月中旬の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!