Second Life運営会社のリンデンラボがNetSuiteを導入

CNET Japan Staff 2007年04月06日 17時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3D仮想世界の「Second Life」を運営するLindenLabは、オンデマンドビジネスソフトウェアのNetSuiteを導入したと発表した。バックエンドの業務プロセスを管理するためのソリューションを採用しており、今後NetSuiteのCRM機能の導入も進める。

 Linden Labの最高財務責任者 John Zdanowski氏は、「Second Lifeはこの12カ月でほぼ7倍の規模に拡大した。この急成長を支えるために、より優れた財務会計のシステムが必要となった」と述べている。同社がNetSuiteを導入した理由は、導入スピードの早さや、個別に導入しているERPとCRMのアプリケーションを統合したシステムに置き換えられる能力にあるという。

 Linden Labは、NetSuiteのソリューションプロバイダであるSkyytek WorldwideからNetSuiteを購入した。Skyytekの統合化トランザクションプロセッサ「SkyyTran」を利用し、会計業務の移行、NetSuiteとバックエンドシステムの統合、ペーパーレス会計支払い手続きの導入など会計関連処理の枠組みの再構築を60日以内で完了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから