エントラスト、低価格ワンタイムパスワードトークンを出荷--1台2500円

CNET Japan Staff 2007年06月21日 19時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エントラストジャパンは6月21日、低価格ワンタイムパスワードハードウェアトークン「Entrust IdentityGuard Mini Token」の販売を開始した。価格は1台あたり2500円。

 Mini Tokenは、同社の認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」のオプション製品として販売される。節電設計により、最長8年程度の利用が可能という。防水は1m。

 イベントベースで同期するワンタイムパスワードを生成し、HOTPアルゴリズムを採用した「Entrust IdentityGuard Mini Token OE」と時間/イベントベースで同期するワンタイムパスワードを生成し、DES/3DES暗号に基づくアルゴリズムを採用した「Entrust IdentityGuard Mini Token AT」の2種類がラインアップされた。後者の電池寿命は最長6年。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!