編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

エイジアン・パートナーズ、RSAの「ASP事業者向け認証強化プログラム」採用第一号に

CNET Japan Staff

2005-12-14 06:52

 RSAセキュリティは12月13日、エイジアン・パートナーズの「A.S.I.A. G-BTO program」が、その認証に「RSA SecurID」を採用したことを発表した。

 A.S.I.A. G-BTO programはASPサービスで提供され、サポートも各国のエイジアン・パートナーズ現地法人から直接提供される。エイジアン・パートナーズでは、ASPサービスでかつ海外での利用の多い同製品のセキュリティ確保のために、本人認証のための基盤としてRSA SecurIDを採用。RSA SecurIDのワンタイムパスワードが使いやすい点などを評価した。

 今回のRSA SecurID採用で、A.S.I.A. G-BTO programのユーザーは、ログイン画面でRSA SecurIDトークンに表示されたワンタイムパスワードを入力し、認証確認を経てアプリケーションを使う仕組みになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]