編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東京でのSAML 2.0適合性試験--IBM、NEC、NTT、RSA Securityの4社が合格

CNET Japan Staff

2005-11-24 12:07

 リバティ・アライアンス・プロジェクトは11月21日、11月上旬に東京で実施された適合性試験にIBM、NEC、NTT、およびRSA Securityの製品が合格したことを発表。これら4社の製品は、Liberty Federation(Liberty ID-FF 1.2、SAML 2.0の両方またはいずれか)との相互運用性を持つことが実証された。

 合格した各社製品は以下のとおり。

  • IBM IBM Tivoli Federated Identity Manager(FIM)
  • NEC NEC Mobile Internet Platform(NEMIP)のLiberty-Enabled Proxy(LEP)MODULE
  • NTT I-dLive
  • RSA Security RSA Federated Identity Manager

 そのほか、適合性試験に合格した製品は、リバティ・アライアンスのWebサイトで一覧できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]