米ノベル、「SUSE Linux Enterprise 10 SP 1」と仮想マシンドライバを発表

CNET Japan Staff 2007年06月25日 19時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Novellはこのほど、「SUSE Linux Enterprise 10」向けの最初のサービスパック「SUSE Linux Enterprise 10 Service Pack 1」の契約ユーザー向けダウンロード提供を開始した。日本国内では、7月6日に受注を開始する。

 新製品は、仮想化、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、セキュリティ、相互接続性、そしてシステム管理に大幅な機能拡張が加えられている。クアッドコア インテルXeonやクアッドコアAMD Opteronなど新たなプロセッサ技術もサポートした。

 また同社は、仮想マシンドライバ「SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack」も発表した。同製品は、準仮想化されたネットワークドライバ、バスドライバ、ブロックデバイスドライバをパッケージ化したもの。

 Virtual Machine Driver Packは、SUSE Linux Enterpriseに統合されたハイパーバイザのXen、インテル バーチャライゼーション テクノロジー、AMD Virtualizationに対応するハードウェアで構築した仮想環境において、WindowsやLinuxのゲストOSを修正なしに、ネイティブに近いパフォーマンスで動作させられるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?