編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

住友電工、Xenによる仮想化とディザスタリカバリ実現でノベルの「SUSE Linux」を採用

CNET Japan Staff

2007-04-16 02:34

 ノベルは4月13日、住友電気工業(住友電工)が仮想化ソフトウェア「Xen」を統合したノベルの「SUSE Linux Enterprise Server」を利用して、プラットフォームのライフサイクルを延長するとともに、リソース利用の効率化によって追加的なハードウェア投資を最小化し、効率的なディザスタリカバリ拠点の構築を行っていることを発表した。

 住友電工では、「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」に対応したデュアルコア インテルXeonプロセッサを搭載したハードウェアにより、SUSE Linux Enterprise Serverを稼働。アプリケーションを仮想サーバに搭載し、ライフサイクルを延長することで、データセンタのリソース最適化と業務の効率化を実現している。

 同社では、サーバ仮想化の採用を2006年に決定。Xenを統合/サポートするSUSE Linux Enterprise Server 10を採用。インテルがCPUレベルで仮想化をサポートする方針を打ち出したことも採用の理由に挙げている。

 仮想サーバは、兵庫県伊丹市にある同社のメインデータセンターと神奈川県横浜市のバックアップセンターをつなぐディザスタリカバリソリューションのバックボーンとしても利用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]