クオリティなど、情報漏洩防止で自宅PC向けのSaaS型セキュリティサービス

吉澤亨史 2007年06月29日 10時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クオリティとサイトロックは6月28日、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)方式を採用した「siteROCK Client Care」を職員の自宅PCを対象にしたサービスとして、7月2日から販売を開始すると発表した。

 siteROCK Client Careは、職員の自宅にある個人用PCの「Winny」を媒介とした情報漏洩事故が次々に発生していることを受け、職員の自宅PCを対象にポリシーとして設定したセキュリティ対策を自動的、継続的に保つことを目的としたサービス。

 セキュリティ維持管理エンジン「ISM(IT Security Manager)」を利用し、Windowsセキュリティパッチの全台数更新やセキュリティパッチ適用レポートの作成、ハードウェア構成・インストールソフトウェアの台帳作成、不正ソフト探査、レポート作成、ウイルスワクチンソフトのパターンファイル更新状況レポート作成などを、PCにインストールすることなく行うことができる。

 パッチ適応状況、ウイルスワクチンソフト運用状況、不正ソフトの使用状況からセキュリティレベルを診断し、ユーザー企業ごとのレポートページ上からインジケータで表示される。なお、管理用サーバの運用はISMサービスを運営するパートナー企業が複数企業で共有する「マルチテナント方式」で提供するため、利用者はサーバの構築や日々の運用、バージョンアップ時などの対応が不要となり、また企業ごとにクライアントPCの管理項目を自由に変更でできる。

 またクオリティでは、今回のセキュリティサービスを情報システム管理者やセキュリティ担当者が自宅PCで体験できるモニターの受付を、7月2日から開始する。募集期間は7月2日から9月30日までの3カ月間で、モニターとして登録するとISMによるサービスを1カ月間無料で利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!