編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クオリティとティーズ、廃棄PCの情報漏えい防止ソリューションで提携

WebBCN (BCN)

2006-09-21 11:55

 クオリティ(浦聖治代表取締役)とティーズフューチャー(安川鋼社長)は9月20日、廃棄PCからの情報漏えいを防止するソリューションで提携したと発表した。ティーズフューチャーが提供する不要PCのHDDの消去・回収・処分の出張サービスで、クオリティのハードディスク消去ソフト「eX Disk Eraser」を利用する。

 具体的には、クオリティのIT資産管理ツールである「QND/QAW」とHDD消去ソフト「eX Disk Eraser」を連携使用して、廃棄対象PCを特定し、廃棄完了PCの証跡をQND/QAWの管理台帳で一元管理できるようにする。

 ティーズフューチャーが行う「HDD出張消去、回収・処分サービス」を利用した場合、情報システム管理者が廃棄対象PCを特定し、HDDデータの消去作業をティーズフューチャースタッフが実施する。データ消去後は、消去証跡データ・証明書を納品。その結果、社外にPCを持ち出すことなくHDDの消去ができる。

 「HDD出張消去&回収・処分サービス」の料金は、30台のPCのHDDを消去する基本料金で7万円。30台以上の場合は1台2000円ずつ加算される。このほか、PCの廃棄料金や機器の回収料金などが別途必要。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]