NTTデータ先端技術、オフィスに必要な機能のオールインワンアプライアンス

CNET Japan Staff 2007年06月29日 19時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ先端技術は6月29日、ファイルやメール、ウェブ、ブロードバンドルータなど、オフィスに必要なサーバ機能を備えたオールインワンアプライアンス「コリドラボックス」の販売を開始したと発表した。大手企業の部門サーバ、サテライトオフィスなどのサーバとしての活用や、中小企業のオフィスのIT化の促進を目的としている。

 コリドラボックスは、加Net Integration Technologies製のLinuxベースの自律型OS「Nitix(ニティックス)」を採用。NTTデータ先端技術は、Net Integrationと共同でNitixの日本語版開発を行い、Nitix製品の国内総代理店契約を締結している。コリドラボックスには、以下の機能が標準で搭載されている。

  • ファイルおよびプリントスプールサーバ
  • ウェブサーバ、ウェブキャッシュ
  • メールサーバ
  • FTPサーバ
  • LDAPサーバ
  • DNSサーバ
  • DHCPサーバ
  • リモートアクセスサーバ
  • ルータ/ゲートウェイ
  • ファイアウォール
  • VPN
  • 自動(無人)バックアップ
  • 2分間以内のディザスタリカバリ
  • コンテンツフィルタリング

 規模や用途別に仕様の異なる4モデル(コリドラボックス SS/S/M/LQ)の製品ラインアップを計画しており、第1弾にあたる今回は、「コリドラボックス SS」を7月初旬に出荷する。今後3年間で10億円の国内販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!