編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NTTデータ先端技術とトップレイヤー、検疫LANシステムを共同開発

CNET Japan Staff

2007-03-16 13:46

 エヌ・ティ・ティ・データ先端技術(NTTデータ先端技術)とトップレイヤーネットワークスジャパンは3月15日、「エンタープライズ検疫LANソリューション」の開発に成功したことを発表した。

 同ソリューションは、 NTTデータ先端技術の統合型LAN/VPN検疫ソリューション「NOSiDE Inventory Sub System」と、トップレイヤーのネットワークユーザー認証スイッチ「Secure Controller」が実現するvZONE認証機能を連携。社内ネットワークに接続されるPCからのウィルス感染を防ぐことができる。

 NOSiDE検疫LANサーバとSecure Controller認証サーバをRADIUSやLDAPなどの認証システムと連動させることで、ユーザー認証アカウントを一元的に管理する。同時に、NOSiDEのインテグリティチェック(社内で規定されたセキュリティポリシーへの適合度検査)機能とSecure Controllerのアクセスコントロール機能で、社内ネットワークへのアクセスからのウィルス感染を防ぐことを可能にするという。

 2007年4月から販売を開始する予定。NTTデータ先端技術は、今後3年間でNOSiDE Inventory Sub Systemの1万ライセンス販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]