JBoss Seam 2.0β--GroovyやGoogle Web Toolkitへ対応

荒浪一城 2007年07月02日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 27日、「JBoss Seam 2.0.0.BETA1」がリリースされた。バージョン2.0では、新規に開発された「JBoss Embeddable EJB container」に対応する。

 これによりJBoss Seam 2.0では、JBoss AS 4.2.0.GA、Apache Tomcat 6.0.x、GlassFish V2、そしてOracle OC4J 11g Technology Previewのアプリケーションサーバー環境がサポートされる。

 また、SeamのコンポーネントをJavaベースのスクリプト言語Groovyで記述可能、Google Web Toolkitを実験的にサポート、Hibernate Searchとの統合などが実現されている。

 JBoss Seam 2.0では、EJB3とJSF1.2の利用が前提条件となっている。バージョン1.3の大きな変更点として、Java ServerFaces(JSF)の実装が、Apache MyFacesから、Sun Microsystemsによる参照実装(JSF RI)に入れ替えられたことがある。この変更の影響を考慮したためか、JSF 1.2へのマイグレーションガイドが用意されている。

 プロジェクトからは、JBoss SeamをベースとしたJSR-299(WebBeans)が提案もされており、JCPでの標準化も進められている。開発の中心となるのは、O/Rマッピングフレームワーク「Hibernate」の生みの親でもあるGavin King氏だ。

 同氏のブログ「In Relation To...」に、「JBoss Seam 2.0.0.BETA1」に関する詳細な変更点が掲載されているのでこちらも参照されたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!