編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JBoss Seam 1.3.0、Ajax機能強化

荒浪一城

2007-06-19 01:56

 13日、「JBoss Seam 1.3.0.ALPHA」がリリースされた。バージョン1.3ではJBoss AS 4.2.0.GAに対応したほか、「Apache MyFaces Trinidad」の取り込みによるAjax対応強化などが行われている。

 JBoss Seamは、JBossによるWeb開発フレームワークで、EJBとJSF、BMPなどの容易な結合を実現する。SeamをベースとしたJSR-299(WebBeans)も提案もされており、標準化も進められている。開発の中心となるのは、O/Rマッピングフレームワーク「Hibernate」の生みの親でもあるGavin King氏。

 JBoss Seamは、EJB3の利用が前提条件となっている。従来はJBoss ASをJEMSインストーラーでEJB3プロファイルを選択して明示的にインストールする必要があった。しかし、JBoss AS 4.2.0.GAからEJB3が標準で入るため導入の手間が省ける。また、JBoss AS 4.2.xからは、Java Server Faces(JSF)の実装が、Apache MyFacesから、Sun Microsystemsによる参照実装(JSF RI)に入れ替えられている。これにより、JBoss SeamもJSF RIを利用するようになった。

 Ajax機能付きのJSFコンポーネント「Apache MyFaces Trinidad」が同梱されるようになったことも興味深い。リリースの度に機能が豊富になるJBoss Seamだが、OracleからのADF Faces寄贈を受けてApache MyFacesプロジェクトの一員となったばかりのコンポーネントを取り入れたことになる。

 これら新機能を利用したサンプルとして、seam-discsが用意されている。関心のある方は、早速試して頂きたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]