編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

RailsとGlassFish、JBoss Seamに注目--NRI調査

大野晋一(編集部)

2007-05-23 16:04

 野村総合研究所(NRI)によれば、今後評価が高まるオープンソースソフトウェア(OSS)として「Ruby on Rails」と「GlassFish」、「JBoss Seam」が挙げられるという。23日、「NRIオープンソースマップ(2007年4月版)」の公開と併せたコメントの中で述べられたもの。

 

 NRIオープンソースマップとは「企業システムで採用された実績がある、あるいはNRIが注目しているOSSを、公開されている情報をもとに、関連ドキュメントの量、種類、リリース回数、品質などの「成熟度」と、ウェブサイトでの関連用語登場回数、検索サイトでのヒット数などの「プレゼンス」という2つの軸でレーティングの上でマッピングしたもの」(同社)。2006年8月に11のOSSを対象に公開されたものがアップデートされた。

 

 今回公開されたマップでは、TomcatやSugarCRMなど著名なものを含む28のソフトウェアが対象になっている。分野はアプリケーションサーバ、ミドルウェアから開発フレームワークやシステム管理ツールなど多岐にわたっている。

 

 Ruby on RailsとGlassFish、JBoss Seamのなかでは成熟度とプレゼンスともにRuby on Railsが最も高い。Ruby on RailsはRubyを使ったフルスタックタイプのウェブアプリケーション開発環境だ。

 

 GlassFishとJBoss SeamはともにJava開発にかかわるソフトウェアで、ともに「Java EE5」というエンタープライズJava開発の新しい流をとりいれたもの。GlassFishはSun Microsystemsがオープンソースとして公開したJava EE5対応アプリケーションサーバ、JBoss SeamはJSFやEJB、BPMなどのコンポーネントの接続を行うフレームワークだ。

 

 また、同社では「Struts」「Spring Framework」「Hibernate」「Nagios」について、成熟度のプレゼンスともにエンタープライズで高いレベルの機能を実現するOSSと評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]