編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Ajax+JSFのTrinidadがApache MyFacesの正式プロジェクトに

大野晋一(編集部)

2007-05-25 15:50

 Ajax機能付きのJSFコンポーネントを開発する「Trinidad」プロジェクトがApache Incubatorプロセスを卒業、正式に「Apache MyFaces」プロジェクトの一員となった。OracleからのADF Faces寄贈を受けてプロジェクトが発足してから約1年、無事に卒業となった。既にウェブサイトも公開されている

 5月に米国で開催された「2007 JavaOne Conference」においてOracleはOracle ADF Faces Rich Clientをプレビューしている。ADF Facesはこの「先祖」にあたるもの。また、Oracle ADF Faces Rich ClientもTrinidadの成果を取り入れている。JavaOneではOracle ADF Faces Rich ClientについてもApache Software Foundationへ寄贈する計画がアナウンスされている。

 OracleのJSF Expert Groupに所属するAdam Winer氏が自身のブログへの投稿で1年間に起こったことを振り返っている(ちなみに、このひとつ前の投稿は1年前、Apacheへのソースコードコミットだ……)。最初に挙げられているのが、デベロッパの増加。また、新しいコンポーネントの追加やJSF 1.2使用の実装にも触れられている。

 Oracleは基盤テクノロジとアプリケーション両方の事業でWeb 2.0をひとつの柱としている。Oracle ADF Faces Rich Clientはそのベースとなるテクノロジで、JSFのAjax対応コンポーネント集だ。マッシュアップフレームワークのWeb Center SuiteやERPのE-Business Suiteにもこの技術が使用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]