膨大なデータを意志決定に生かすために:BEA Event Server/Real Time

大野晋一(編集部) 2007年07月03日 18時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは「BEA WebLogic Real Time 2.0」および「BEA WebLogic Event Server 2.0」を発表した。Real Timeは低レイテンシーのリアルタイムシステム、Event Serverはイベント駆動型アプリケーション(EDA)向けの製品。すでに米国などでは販売されており、バージョンは2.0だが、ともに国内では初めての販売となる。

 リアルタイムやEDAといった分野ではこれまでJavaではなくC/C++といった言語が使われてきた。同社では、今回の2製品により、C/C++に比べて生産性や標準化の面で有利なJavaを、特別なコーディングの必要なしに、リアルタイムおよびEDAシステムを構築できるものとして訴求する。

 Real Timeは平均で1ミリ秒以内、最長でも10ミリ秒という低レイテンシーを保証し、Event Serverは膨大かつ複雑なデータやイベントの処理に最適化されたアプリケーションサーバ。これら2製品は用途に応じて個別に使用可能。組み合わせて使えば、秒間5万件の複雑なイベント処理に対し1万のルールを適用可能なスケーラビリティと1ミリ秒以内の低レイテンシーを両立したシステムを実現することが可能となる。

 BEAではリアルタイムとEDAを、膨大なデータからナレッジを抽出し、正確で有効な意志決定につなげるためのソリューションと位置づけている。今回の2製品はこの基盤となるもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから