ソフトイーサ、SSL-VPNソフトウェア「Desktop VPN」のベータ2を公開

吉澤亨史 2007年07月27日 21時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトイーサは7月27日、デスクトップへのリモートアクセスに特化した SSL-VPNソフトウェア「PacketiX Desktop VPN」のベータ2版を公開したと発表した。無償でダウンロード、利用が可能。

 Desktop VPNは、ソフトイーサが開発しているSSL-VPNソフトウェア。近年発展してきた「シンクライアント」と「リモートアクセスVPN」の2つのセキュリティ技術を融合させ、より安全かつ簡単にインターネット経由のリモートアクセスを実現する。

 新版では、Desktop VPNの各機能を実現している低レイヤの基本ソフトウェアモジュールを大幅に改良した。これにより、パフォーマンスの向上、メモリ使用量の低下、CPU使用率の低下、特定の環境で発生していた不具合の解消、Unicodeへの完全対応を実現している。

 また、VPN通信プロトコルの最適化が行われ、Desktop VPNサーバがDesktop VPNクライアントからの接続を受け付ける際に必要な通信量・待ち時間が少なくなり、快適性が向上した。このほか、動作ログの保存機能動作ログの保存機能や接続履歴の消去機能などが追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!