MSがBIツール新製品「PerformancePoint」発表--全社規模での統合業績管理を実現

柴田克己(編集部) 2007年09月19日 15時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月18日、統合パフォーマンスマネジメントアプリケーション「Microsoft Office PerformancePoint Server 2007日本語版」を、11月上旬より提供開始すると発表した。

 PerformancePoint Server 2007は、企業における全社レベルの業績管理(パフォーマンスマネジメント)に必要な機能を統合したビジネスインテリジェンス(BI)アプリケーション。

 マイクロソフト、インフォメーションワーカービジネス本部業務執行役員本部長の横井伸好氏は、「経営者、部門管理者、一般社員ではそれぞれに意思決定のスピードや必要となるデータの種類が異なる。PerformancePoint Serverで実現される統合パフォーマンスマネジメントによって、日々の業務から週次、月次、年次といった、異なるタイムスパンでの全社的な業績管理を実現できる」と、同製品の位置づけを説明する。

 PerformancePoint Serverが提供する主な機能は、プランニング、モニタリング、分析・レポーティングの大きく3点。

 プランニングのフェーズにおいては、広く普及している「Excel」やウェブブラウザをフロントエンドとして利用しつつ、データや入出力シート、データ加工ロジックをサーバ側で集中管理することにより、データの整合性の確保、および生産性向上と内部統制の強化、安全性の確保を両立するという。

 モニタリングのフェーズにおいては、プランニング機能で集約された業務データおよび組織に散在する実績データを、スコアカードや戦略マップ、分析チャートなどの形式で可視化することができる。「Dashboard Designer」と呼ばれるデザインツールが用意されており、エンドユーザーレベルでも、必要な要素を盛り込んだ業績モニタリングダッシュボードの作成が可能だ。

 分析、レポーティング機能としては、同社が2006年4月に買収したProClarityの分析機能が取り込まれている。また、SharePoint Server、Excelサービス、SQL Server Reporting Servicesとの連携も強化されているという。

PerformancePoint マイクロソフトの提案する、「統合パフォーマンスマネジメント」のイメージ。フロントエンドにExcel、バックエンドにSQL Serverを位置づけることで、全体のプロセスを単一のデータモデルでカバーする。

 マイクロソフト、インフォメーションワーカービジネス本部エグゼクティブプロダクトマネージャの米野宏明氏は、「これらの機能が単一のデータモデルを中心に連携する点が、マイクロソフトの提案するパフォーマンスマネジメントの最大のメリット。リアルタイムで高品質なパフォーマンスマネジメントを実現できる。また、従来とは異なり、現場の従業員が全社的な戦略に沿った自分のアクションを認識できる環境の実現が可能となる」とした。

 Microsoft PerformancePoint Serverは、フル機能を装備した1エディションでの提供となる。サーバ環境として、Windows Server 2003 SP1, Standard Edition以降、Windows SharePoint Services 3.0またはOffice SharePoint Server 2007、.NET Framework 2.0、IIS 6.0、ASP.NET 2.0、SQL Server 2005 SP2 StandardまたはEnterprise Edition以降(プランニング機能にはEnterprise Editionが必須)。クライアント環境として、Windows XP Professional SP2以降、.NET Framework 2.0、Office 2003 SP2以降が必要となる。

 日本での提供価格については現時点で未定だが、「100クライアントで500万円台を見込んでいる」(米野氏)という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR